ラ・ヴィータ日本橋 シーリングライト

スポーツ庁発足 初代長官に鈴木大地さん
スポーツ庁発足 初代長官に鈴木大地さん

スポーツ庁発足 初代長官に鈴木大地さん

󰃖author:
TOKYO MX
times:
2019-09-17
󰆙info:
きょう、文部科学省の外局である「スポーツ庁」が発足しました。今後、アスリートの支援や国民の健康増進などスポーツに関わるさまざまな施...
CONTENT
きょう、文部科学省の外局である「スポーツ庁」が発足しました。今後、アスリートの支援や国民の健康増進などスポーツに関わるさまざまな施策を担います。
 もともと文部科学省には「スポーツ・青少年局」という部署があり、選手強化の支援やスポーツ施設の整備などを行っていました。このスポーツ・青少年局からスポーツの部分だけを取り出し強化したものが今回の「スポーツ庁」です。
 スポーツ庁は鈴木大地長官をトップに、およそ120人の職員が在籍しています。この中には内閣府や外務省など他の組織から来た人や、民間から来た人も含まれています。スポーツ庁には国際大会の招致や海外への人材派遣などを進める「国際課」、オリンピック・パラリンピックの機運向上を目的とした「オリンピック・パラリンピック課」など5つの課が設置されています。
 これまで複数の組織に分散されていたスポーツ行政を一本化することで、トップアスリートの育成・強化、スポーツの普及・振興、障がい者スポーツの充実など、スポーツをめぐる環境に大きな変化をもたらすものとして期待されています。

 初日からあいさつや会見など忙しい一日となったスポーツ庁の初代長官に就任した鈴木大地さんに密着しました。VTRでご覧ください。
RELATE